札幌の地震への備え

札幌の地震への備え不動産ブログ
札幌の地震への備え

胆振東部地震で液状化による地盤沈下から考える地震への備え

胆振東部地震で大きな被害を受けた清田区の住宅地,液状化による建物への大きな被害でした。

札幌市では地震による被害を想定した地震防災マップを作成公表しております。
現在札幌市に存在する断層と、想定される震源を設定これが地震を引き起こした時の被害を想定して作成されたもののようです。

今後の地震の規模にもよりますが想定された地震による揺れの強さからその被害の影響がどの程度予想されるのかを図で示されています。

地震マップには想定しうる最大の震度、液状化危険度図、建物全壊率図が公表されております。

胆振東部地震で大きな被害を与えた液状化についてみると、地盤の軟弱な北区、東区が発生の可能性が高いエリアとされております。

しかしながら清田区で起きた甚大な被害は宅地造成時に、埋め立てなど行った宅地に液状化発生の可能性がある事を今回の地震により知らされたこととなりました。

地震に対する備え、例えば地震保険の加入、避難場所の確認など日頃から準備をされることをお勧めいたします。

地震防災マップは下記よりご確認ください。

地震防災マップ