【ハザードマップに注目】洪水・土砂災害ハザードマップ札幌

ハザードマップの記事ブログ
ハザードマップの記事

–ハザードマップをご存知ですか?–

自然災害で受ける被害を区域ごとに予測して

被害の範囲や地域の避難所などを示した地図です。

洪水・土砂災害・地震・津波など災害の種類ごとに分かれています。

–マップの見方–

洪水ハザードマップの場合

浸水が予想される区域は浸水する深さごとに色分けして表示されています。

札幌市の現在のマップな0.5メートル未満は黄色、

2メートル以上~5メートル未満が濃い青色とするなど、5段階に色分けされています。

最も浅いメートル未満では大人の膝程度の深さですが油断は禁物です。

参考までに札幌市のハザードマップのページを張り付けておきます。

地震・洪水・土砂災害・津波などのハザードマップが公開されております。

液状化危険度図は地震防災マップをご確認ください。

災害危険箇所図(ハザードマップ)

清田区液状化マップ

豊平区・清田区液状化危険度図(一例です区別に分けられております)

土砂災害危険個所も結構指定されている箇所がございますので今お住まいの地域な

どチェックしておいたほうがよさそうです。

洪水ハザードマップよりも重要度は高いと感じております。

2018年9月の地震により被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました