住宅ローンの滞納、支払えない(任意売却その前に)

任意売却の相談不動産を売りたい人向け
任意売却の相談

任意売却とは

家を売りたい理由は様々あるかと思います。

転勤、お住み替え、最近多いのは親の家を使わなくなったので売りたいとの理由が多くなっております。

今回は住宅ローンの支払いが厳しくなったので家を売りたい、いわゆる任意売却のことです。

基本的には住宅ローンを利用してる方が家を売る場合その住宅ローンの残債を全額返済しなければ抵当権の抹消ができないので家を売ることができません。

可能であれば住宅ローンの残債以上の価格で売れることが一番望ましいのですがなかなか難しいのが現状です。

そこで住宅ローンの残債から売却価格を差し引いて残った債務を少しづつを支払っていきますので抵当権の抹消に応じてくださいと債権者より了解を得て家を売るのが任意売却と言われるものです。

債権者は絶対に債権放棄はしないので残った債務はチャラになる事はないのでそのことは覚えておいてください。

任意売却は誰でも可能なのか

では自分もローンの支払いができなくなったので任意売却で売却したいと思ったときですが住宅ローンの他に差押登記などある場合(税金等)ですがこれが結構厄介で、原則論ですが税金等は全額返済しないと差押登記の抹消に応じてもらえないのです。

したがって滞納税の金額次第では任意売却ができない場合も現実にあります。

分割納税で可能の場合もありましたが過度の期待は禁物です。

住宅ローンも1件だけではなく複数ローンの抵当権の設定をされている場合もあると思います。

その場合各債権者より売却開始前に事前に任意売却の了解を得ておく必要がありますがこれらは私共業者の方で対応していきます。

ちなみにですけど私の知人で3件の抵当権の設定があり、税金の差押登記もありましたが何とか任意売却を行う事ができました。

任意売却の前にお勧めしている事

住宅ローンの支払いが困難になるのにはいろんな理由があるかと思います。

一番良くないのはほったらかしにしておくことで、債権者等の印象が悪いとなかなかうまく事が進まない場合もあります、そうなると私共にも限界があるのでどうにもならなくなってしまいます。

ご本人にとってはとても嫌な事かもしれませんが債権者等には真摯に対応するのが将来的にも、もう一度出直すという意味でも大切な事と感じております。

それとここが大事な事なのですが、私共は任意売却をする前に銀行などに支払額の減額、支払い期間の延長の申し入れなどをまずはおすすめしております。

なかなか難しい事とは思いますが可能性はないわけではありませんので交渉をする価値はあると思います。

他の業者さんと違うのは何が何でも任意売却とは考えておりません。

私共はご相談をいただいた場合今後どうやって生活をしていかれるのかを一緒に考えていきましょうとお話させていただいております。

もしお悩み事がありましたら気兼ねなくご相談ください。

以上任意売却のほんの入り口のところの話ですがもし任意売却をお考えであればご相談だけでも結構です。

札幌及び札幌近郊エリアでの不動産に関するお悩み相談は無料ですまずはお電話下さい。(メールでも結構です)