不動産を売る時の諸費用と書類関係のまとめ

不動産を売る時の諸費用と書類関係のまとめ不動産を売りたい人向け
不動産を売る時の諸費用と書類関係のまとめ

家・不動産を売り出し開始前に再度確認する事

売却にかかる諸費用の確認

不動産の売却時には購入時ほどではありませんがやはり諸費用が必要となります。

住宅ローンなど残っている場合それを返済しなければなりませんので

住宅ローンの残債がいくらあるかそして諸費用がいくら必要かを知っておきましょ

う。

住宅ローンの残債が残っている場合全額返済しなければ抵当権の抹消ができないの

で売却はできない事になります。

もしそれでも売却しなければならない事情がある場合は任意売却になります。

任意売却の説明は下記をご参照ください。

住宅ローンの滞納、支払えない(任意売却その前に)
リストラ、減給、離婚などで住宅ローンの滞納、支払いができなくなった、その様な時にその不動産を任意売却する事で精神的な負担を軽減する事も可能です。ただその前にやっておきたいこと心構えなどを解説しました。悩みを一緒に考えていきましょう。

(新しいタブで開く)

売却にかかる主な費用

・仲介手数料

成約価格の3%に6万円を加えた消費税になります。

例えば2,000万円で売却した場合は712,800円(税込)となります。

・売買契約の印紙代

金額にもよりますが一般的には5,000円~10,000円位です

・抵当権の抹消費用

ローンの残債がある場合おおよそ20,000円前後

・測量費用

一戸建て・土地の取引の場合境界の明示義務がありますそのため境界石が見つから

ない事もありその場合は測量をして境界石を入れなければならないのですがおおよ

そ20万円位~30万円位ではないでしょうか?

・建物の解体費用

古家付の土地など条件次第ですが

解体更地渡しの場合解体費用の負担があります。

解体費用を価格から差し引いて現状渡しでの取引もあります。

・譲渡所得税

これはみなさん忘れがちなのですが売却価格が購入時価格を上回った場合譲渡所得

があったとみなされ所得税と・住民税の課税があります。

厳密には減価償却費など差し引かれますので税理士・もしくは税務署にご確認ください。

但し居住用財産の譲渡の場合は特例があります。

親の家などを売った場合など購入時の売買契約書・領収証など紛失している場合が

ありますので良くご確認ください。

・その他

引越し費用・不用品の処分費などですが親の家などの場合これが結構かかります

建物状況調査(インスペクション)の実施の有無により建物状況調査を行う場合そ

の費用がかかります。

これは国土交通大臣の定める講習を修了した建築士が、建物の基礎、外壁など建物

の構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に生じているひび割れ、雨

漏り等の劣化・不具合の状況を把握するための調査です。

売り主が、売却する物件について建物状況調査を実施することで、購入希望者に安

心感を与えることができたり、引き渡し後のトラブル回避につながるなどのメリッ

トがありますので

私共ではこれはおすすめしております。

売却時に必要な書類

かならず必要なもの

・登記済み権利証(登記識別情報)

・所有者の印鑑証明

・所有者の実印

・本人確認書(運転免許証など)

・固定資産税の納付書

必要に応じてご用意いただく書類

・住民票

・戸籍の附票

・戸籍の除票

・年金手帳

・パスポート

・後期高齢者医療被保険者証

あれば望ましい書類

・建物の建築確認申請書類一式